【エチゴビール スタウト】日本初のクラフトビール!実績抜群&コスパ最強の黒ビールとは?

今回の記事はこんなあなたにおすすめ♪

ミズキ

シュン

・スーパーでよく見かける「エチゴビール」ってどんなメーカーなの?

・黒ビールといえばギネスしか知らない!

・黒ビールの楽しみ方を知っておきたい!

このビールの特徴
個人的好み
(4.0)
コク
(4.0)
香り
(4.0)
苦み
(4.0)
甘味
(4.0)
キレ
(1.0)
酸味
(1.0)

日本で初めてクラフトビールの醸造を開始したメーカー「エチゴビール」

今回ご紹介する「エチゴビール スタウト」はそんなエチゴビールを代表するラインナップの1つです。

この記事を読み終えると、お肉料理と一緒に黒ビールが飲みたくなること間違いなしです♪

ビール片手にごゆっくりご覧くださいね☆

まとめ
  1. 日本初クラフトビール醸造を開始したエチゴ
  2. 世界的コンペで受賞した初めてのスタイル
  3. 通常比1.3倍のモルトを使用
  4. アルコール度数7.0%
  5. 肉料理甘いスイーツとの相性も◎
今日のポイント

エチゴビール スタウトの基礎知識

エチゴビール スタウトってどんなビール?

シュン

ミズキさん、エチゴビールスタウトの特徴について教えてください!
OK!まずは基本的なことから紹介していくわね。

ミズキ

エチゴビールスタウトの基礎知識

・発祥国:新潟県

・アルコール度数:7.0%

・内容量:350ml

・金額:270円

・スタイル:スタウト

・発酵法:エール(上面発酵)

シュン

新潟といえば、お米!

日本酒のイメージが強いのですがビールメーカーもあるのですね。

今日でエチゴビールが好きになること間違いなしよ♪

ミズキ

シュン

今日もとっても楽しみです!

エチゴビールの創業ストーリー

エチゴビールの創業者は「越後鶴亀」で有名な上原酒造の5代目。

ミズキ

上原誠一郎さんという方よ。

ミズキ

参考 株式会社越後鶴亀明治から100年以上続く老舗の酒蔵

 

シュン

明治からつづく日本酒メーカーの老舗がなぜビールを作ることになったのでしょうか?

1980年代当時。上原氏はヨーロッパで演劇に没頭していた時に絵本作家であるドイツ人女性と出会ったの。

ミズキ

彼女の故郷でドイツの豊かなビール文化に触れ、故郷の新潟から日本中に広めたい!と思ったことがエチゴビールの起源なのよ。

ミズキ

シュン

へぇー!!

日本酒の魅力を知り尽くした人をも魅了してしまう力が本場のビールにはあったわけですね…!

そしてロゴにも採用されているビールを片手に持つヤギのイラストはドイツ人の女性によるものなのよ。

ミズキ

シュン

なぜヤギを採用したのでしょうか??

ヤギはドイツでは「多産・豊作・商売繁盛」のシンボルと言える動物なの。

ミズキ

そして,「ロマンを語ろう、舞台に立とう!」というメッセージを創業当初から掲げているのよ。

ミズキ

シュン

創業ストーリーを知ると歴史や深みを感じることができますね。

ちなみに,そのドイツ人女性の絵本作家は今の奥さんだそうよ♪

ミズキ

シュン

ストーリーが完成されすぎです笑(羨ましい…)

第1号の国内クラフトビールメーカー

日本でクラフトビールが誕生したのは1994年。

ミズキ

酒税法の改正がビール業界に大きな変化を与えたのよ。

ミズキ

シュン

どんな法律の改正だったのでしょうか?

「ビール製造免許を取得するための最低製造量が大幅に引き下げられたこと」

ミズキ

簡単に言うと「大きな工場を持たない小さい醸造所でもビール作るの認めまーす!」という感じかしらね。

ミズキ

シュン

なるほど!

そのタイミングでクラフトビールに参入したのがまさにエチゴビールというわけですね!

1994年に試験醸造をスタート。

ミズキ

1995年には全国初で地ビールの営業をスタートするという圧倒的なスピードだったのよ。

ミズキ

シュン

創業者上原さんの熱量と行動力。。恐るべし。

エチゴビール スタウトってどんなビールなの?

世界的コンペで初めて受賞したのがスタウト

シュン

エチゴビールにはどんな実績があるのでしょうか?

1996年ワールド・ビア・カップ(アメリカ開催)で銅賞を受賞しているわ。

ミズキ

エチゴビールのラインナップの中でも初めて世界的コンペで賞を勝ち取ったのがスタウトなの。

ミズキ

シュン

クラフトビールが解禁された1994年からたったの2年で世界を股にかけてしまったのですね。

その後も数々の賞を受賞し続けているわ。

ミズキ

【エチゴビール スタウト】受賞歴
大会名 開催年 場所 実績
ワールド・ビア・カップ 1996 アメリカ 銅賞
モンドセレクション 2000 ベルギー 金賞
インターナショナル・ビア・コンペティション 2001 日本 金賞
インターナショナルビアアワード 2009 オーストラリア 銀賞
モンドセレクション 2009 ベルギー 銀賞

他のスタイルでも数ある賞を受賞しているわ。

ただ、実績はスタウトが同社ラインナップの中でもダントツNo.1なの。

ミズキ

素材にこだわり使用量を惜しまない

シュン

なぜ世界的コンペでも数々の実績を獲得できているのでしょうか?

いい質問ね。

まず1つ目は「スタウトの本場アイルランド仕込み」であるからよ。

ミズキ

シュン

本場アイルランド仕込みによってどんな味わいになるのでしょうか?

ざっと挙げるだけでもこんなところかしら。

ミズキ

  • エールビール特有の豊潤な香り
  • ロースト麦芽による香ばしさ
  • クリーミーでまろやかな泡立ち
  • 黒ビール特有のガツンとくる苦み
  • カラメルモルトの甘み

2つ目は「通常の1.3倍ものモルトを使用している」から。

ミズキ

5種類のモルトと3種類のホップを贅沢に使用していることがその秘訣よ。

ミズキ

シュン

なるほど~。素材を惜しまずふんだんに投入しているわけですね~。

シュン

その結果、重厚感のあるフルボディの1杯が仕上がるわけですね!

MEMO
“ボディ”とは喉を通り越す抵抗感のこと。

ライト:さらりと飲み込める

フル:どっしりと重みを感じるもの

ミディアム:中間のもの

エチゴビール スタウトを飲んでみる

グラスに注いで飲んでみる

シュン

早速グラスに注いでみます!

シュン

ぉお~泡がしっかり立ちますね!泡もキメ細やかです!

この時点でホップを惜しまず使っていることが分かるわよね♪

ミズキ

香りはどうかしら?

ミズキ

シュン

香ばしい香りがふわっと鼻に抜けます。

シュン

色といい香りといいコーヒーを連想させるというのは本当ですね!

フレーバーと味わいはどうかしら?

ミズキ

シュン

飲んでみます!(ゴクッ)

シュン

ウマい…

濃厚さ、香ばしさ、甘み、苦みが一気に押し寄せる感じです!

カラメルの甘さとローストによる苦みが同時に押し寄せてくるわよね♪

ミズキ

アルコール7%だけど、泡持ちがとっても良いからしっぽり飲みたいスタイルと言えるわね。

ミズキ

シュン

あまりに飲みやすいのでついゴクゴク飲んでしまいそうな美味しさも兼ね備えています!

オススメの食べ合わせ

シュン

エチゴビールスタウトに合う食べ合わせを教えてください!

黒ビールと言えば肉!これに限るわね。

ミズキ

コーヒーを連想した通り、ケーキとかスイーツとの食べ合わせもGoodよ。

ミズキ

シュン

スタウト×肉の組み合わせはやはり鉄板なのですね!

シュン

それにしても、このクオリティで300円を切るところはさすがエチゴビールと言えるところでしょうか?

なかなか鋭いわね♪

ミズキ

黒ビール好きからすると、これほどコスパ最強の黒ビールにはなかなか出会えないと言えるわ。

ミズキ

シュン

今さらですが、、最後に、「スタウト」ってどういう意味なんですか?

日本語に訳すと「強い」という意味よ。

ミズキ

シュン

なんとなく分かるような気がします笑

まとめ

シュン

ミズキさん、エチゴビール スタウトについてとっても勉強になりました!

最後に、今日の内容をまとめておくわね。

ミズキ

まとめ
  1. 日本初クラフトビール醸造を開始したエチゴ
  2. 世界的コンペで受賞した初めてのスタイル
  3. 通常比1.3倍のモルトを使用
  4. アルコール度数7.0%
  5. 肉料理甘いスイーツとの相性も◎
今日のポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です