ハイネケン

このビールの特徴
香り
(2.5)
甘味
(2.0)
苦味
(3.0)
酸味
(2.0)
コク
(2.0)
キレ
(4.0)
個人的好み
(3.5)

 

シュン

今回の記事はこのような人におすすめ!

・ハイネケンって何だろう?

・なんで日本人に馴染み深いんだろう?

この記事を読むとハイネケンの特徴を知り、ハイネケンの楽しみが少し増えます。

ビール通でなくてもハイネケンはご存知の方多いですよね。

是非ビール片手にごゆっくりご覧ください☆

MEMO
ハイネケンは”ヘレス”という種類のビールです

ハイネケンのプロフィール

発祥国:オランダ(1864年)

スタイル:ヘレス

発酵法:ラガー(下面発酵)

IBU(苦味):23

EBC(色):7


ハイネケンの歴史

世界3位のシェアを占めている

創業者は「ジェラルド・ハイネケン」

1864年当時、上面発酵(エール)から下面発酵(ラガー)にトレンドが変わりつつあることを察知した彼がオランダでもラガービール作りに取り組んだことが誕生のはじまり。

日本ではキリンのグループ会社である、ハイネケン・キリン株式会社がライセンス生産を行っており馴染み深いんですね。

ロゴの意味

ロゴに記された3つの「e」をよく見ると少し傾いており右肩上がりになっていますね。

これは笑顔のように見えることもあり「スマイルe」と呼ばれています。

ハイネケンの特徴

クセがなくスッキリとしたキレ

世界中で飲まれているクセのないラガービール。

グラスに注ぐとクリアで透き通った黄金色の見た目と真っ白い泡の対比が美しく視覚的にも楽しめます。

バランスのとれたビール

深くスーッと香りを嗅いでみるとモルトからくるアロマの甘い香りが感じられます。

一口味わうとモルトの甘味はもちろん、ホップの苦味とわずかな酸味も感じることができます。

ラガービールの美味しさが詰まった一杯で、夏はグッと飲みほしたくなりますよね。

ハイケネンの楽しみ方

缶ビール&グラス

ビンで直接飲む楽しみもありますが、缶ビールの購入をオススメします!

一気に飲み干したくなる魅力を持ちながら、モルト由来の甘い香りも味わえる最強の一品です。

そして何よりゴールドと白の対比を目で味わってほしいですね!

リーズナブルな値段でコンビニで買えることも

最近では一部コンビニでもハイネケンの取り扱いを見かけることが増えましたよね。

海外製ビールやクラフトビールは1本300円前後のものが多いですが、ハイネケンは200円台前半で買えるのも嬉しいポイント。

まとめ

ハイネケンは香り・フレーバー・見た目・飲みごたえすべてにおいてバランスの取れた最高のビールの1つです。

ハイネケンを飲む機会があれば是非周りの方々に自慢げに語ってくださいね!

 

シュン

・ハイネケン(Heineke)の「e」はスマイルの「e」

・クセがなくバランスが取れたラガービール

・リーズナブルな値段とコンビニでも買える身近さ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です