【スプリングバレー豊潤<496>】を分かりやすく解説してみた

このビールの特徴
個人的好み
(4.0)
コク
(4.5)
香り
(4.0)
苦味
(3.5)
甘味
(3.5)
キレ
(2.0)
酸味
(1.0)

今回の記事はこのような人におすすめ!

・自分へのちょっとしたご褒美にリッチ感のあるビールを楽しみたい!

・せっかくなら飲み方や食事のペアリング(=オススメの食べ合わせ)について知りたい。

・そもそもスプリングバレーってどこのメーカー?<496>って何?

ミズキ

日本で初めて商売として成功した1870年の「SPRING Valley ブリュワリー」。

130年を経て、志を受け継いだキリンビール社の1プロジェクトとして、たった3名から始まったスプリングバレーの開発。

美味しい飲み方やおすすめの食べ合わせについてもご紹介したいと思います。

この記事を読み終えると、「スプリングバレー」に詳しくなり、ビール通に一歩近づくこと間違いなしです。

是非今日もビール片手にごゆっくりご覧ください☆

まとめ
  1. スプリングバレーはキリンビールの1プロジェクト・たったの3名からスタート
  2. 日本においてクラフトビール普及立役者に
  3. 徹底的に拘り抜いた素材と製造の手間

スプリングバレーの基礎知識

シュン

ミズキさん、スプリングバレーの特徴について教えてください!
OK!まずは基本的なことから紹介していくわね。

ミズキ

スプリングバレーの基礎知識

・発祥国:日本(※発祥は横浜の醸造所)

・アルコール度数:6.0%

・スタイル:ラガー

・発酵法:下面発酵

シュン

キリンといえばラガーというイメージは根強いですよね!独特の苦みがたまらないです。
今でこそ確固たる地位を確立している麒麟ビールだけど、それまでには多くのチャレンジがあったの。

ミズキ

シュン

スプリングバレーもその1つなんですね。どのようなチャレンジだったんですか?

21世紀以降、大手ビールメーカーによる価格競争が激しくなる中で

ビールのイメージといえば、

「ビールは全部同じ味」

「日本酒やワインと比べて安いっぽい。」 こんな評価だったの。

ミズキ

シュン

そんな、、今では考えられないです。
このままではビールが退屈な飲み物になってしまう。ビール文化が衰退してしまう。そんな危機感を抱いたことから誕生したプロジェクトと言われているの。

ミズキ

シュン

僕たちが今美味しいビールを飲めているのはいろんな努力があったのですね、、

その通り。キリンビールの信念は、パイオニア精神とものづくりへのこだわり。

醸造家が結集して、独自製法の開発のために250回以上の試験醸造を行い、スプリングバレーの礎を築かれたと言われているわ。

ミズキ

スプリングバレーのコンセプト

クラフトビール造りの技術と知見

シュン

ミズキさん、スプリングバレーには深い歴史があり、そして今があることが分かりました。

どのようなコンセプトがあるのでしょうか?

「ビール通をうならせ、ビールが苦手な人も美味しく飲める」

これこそがスプリングバレーのビール造りのおけるコンセプトなの。

ミズキ

シュン

意地悪な質問ですが、、一見矛盾しているようにも聞こえちゃうような。。

鋭い質問ね。

これはつまり、ひたすらに美味しさを追求しているとも言えると思うの。

「飲む人に感動をもたらす。」「ビールってこんなに美味しいんだ。」

感動のビール体験をもたらしたいというキリンビールの想いが根底にある証拠なの。

ミズキ

クラフトビールを身近に

シュン

ミズキさん、2020年以降はコロナ禍で家飲みの機会が本当に増えましたよね。

家だからこそ、ついつい飲みすぎちゃうことも増えちゃいました。。

・家飲み時間が豊かになると、一日を幸せな気持ちで締めくくれる。

・家でもクラフトビールを気軽に楽しんでほしい。

その想いが形になって構想から10年をかけて完成させたのがスプリングバレーなの。

ついつい家だから飲みすぎてしまうシュンくんにこそ、じっくり味わってほしいクラフトビールかもね。

ミズキ

シュン

僕もそろそろビールの味わいや奥深さを感じられるオトナにならなければ、、

素朴な疑問なのですが、スプリングバレーの「496」という数字は何を意味しているのですか?

いい質問ね。

496には「完全・不思議・美しい・神秘的」など色んな意味が隠されている数字なの。

詳しくはこのサイトでまとめてくれているわ。

ミズキ

参考 完全数496は神秘的な数字?数学の面白いネタ

ここで問題。

1から31までの数字を足し算すると496になるんだけど、どういう意味が分かるかしら?

ミズキ

シュン

ん~、、、

ひと月毎日飲んだとしても飽きることがない。。ということですか?

さすが!その通りよ。

クラフトビールならではの特別感を演出しながらも、日常的に飲める味わいに設計されているということなの。

ミズキ

スプリングバレーこだわりの素材

シュン

ミズキさん、スプリングバレーには深い歴史があり、特別なビールであることが分かってきました。素材への拘りも徹底していそうな予感です。

薄々感じていると思うんだけどその通り。笑

たくさんある拘りポイントから2つだけ紹介するわね。

ミズキ

 

モルトとホップを贅沢に使用

ビール造りで重要になるモルト。スプリングバレーはモルトをラガービールの1.5倍。ホップは4種類を使用しているわ。

ミズキ

シュン

ぉお!なんだか凄そうですね!(棒読み)
いまいちピンと来ていないようね。ちゃんと説明するわね。

ミズキ

シュン

ぁあ、、バレている。。。
ちなみに、シュンくんは「ビール」と「発泡酒」と聞いてどっちが飲みたいと思う?

ミズキ

シュン

迷わずビールです!

何でビールなの、、?と聞いても意地悪だと思うから説明しちゃうわね。

ビールの定義はいくつかあるんだけど、代表的な項目として「麦芽比率が50%以上」というものがあるの。

細かい説明は省くけど、それほどビールにとってモルトは重要だってことが伝わるはず。

ミズキ

シュン

これまでいろんなビールについて教わってきましたが、ホップ4種類というのも初めてです。
この味を作り上げるためにそれほど手間をかけてきたことが想像できるわよね。

ミズキ

素材を最大限に引き出す工程

スプリングバレーの徹底さはこれだけではないの。

ミズキ

シュン

ぇえ、、まだ拘りがあるのですか!

スプリングバレーはホップを7日間漬け込む「ディップホップ製法」を採用。

ホップは別名「ビールの塊」と言われることがあるくらい重要な原料なのよ。

じっくり時間をかけて丁寧に香りを引き出すことで豊潤な味わいとスッキリ綺麗な後味を両立しているわ。

ミズキ

シュン

良い素材頼りではなくて、しっかりと手間をかけてビールづくりが行われているんですね。

その通り。

念のため補足しておくと「ディップホップ製法」は極めて繊細な制御が必要になってしまうの。

あまりの手間から海外の醸造家からは「クレイジー」と評されるほど、キリンビールの意気込みを感じる一品と言えるわね。

ミズキ

スプリングバレーの楽しみ方

シュン

最後にオススメの飲み方を教えてください!

OK。定番だけどグラスに注ぐことをおすすめするわ。

豊潤なコク・琥珀色のボディなど視覚でも楽しめる一杯よ。

ミズキ

シュン

スプリングバレーが誕生するまでのストーリーを知るとまた違った味わいになりそうです。
その通り!ビール造りにストーリーはつきもの。ストーリーを知るとさらに美味しくなるのよね。

ミズキ

まとめ

シュン

ミズキさん、スプリングバレーについてとっても勉強になりました!

ちょっとリッチなビールなので華金で飲んでみたいです笑

最後に、今日の内容をまとめておくわね。

・スプリングバレーはキリンビールの1プロジェクトが発祥でたった3名からスタートした。

・日本においてクラフトビール普及の立役者に。

徹底的に拘り抜いた素材と手間。

ミズキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です