【タイガービール】世界的コンペを総ナメ!シンガポールが世界に誇るビールとはどんな味?

今回の記事はこんなあなたにおすすめ♪

ミズキ

シュン

・タイガービールの味わいについて知りたい!

このビールの特徴
個人的好み
(3.0)
キレ
(5.0)
苦み
(2.0)
甘味
(2.0)
コク
(1.0)
香り
(1.0)
酸味
(1.0)

マーライオンでお馴染みのシンガポール。

今回ご紹介する「タイガービール」は東南アジアで最も有名なビールの1つです。

この記事を読み終えると、スパイシー料理を見て連想するビールが増えること間違いなしです。

ビール片手にごゆっくりご覧ください☆

まとめ
  1. シンガポールを代表するラガービール
  2. ワールド・ビア・カップでの受賞歴多数
  3. スパイシー料理との相性抜群
今日のポイント

タイガービールの基礎知識

タイガービールってどんなビール?

シュン

ミズキさん、タイガービールの特徴について教えてください!
OK!まずは基本的なことから紹介していくわね。

ミズキ

タイガービールの基礎知識

・発祥国:シンガポール

・アルコール度数:5.0%

・内容量:330ml

・金額:321円

・スタイル:ピルスナー

・発酵法:ラガー(下面発酵)

シュン

マーライオンの国ですね!

100年近くの歴史があるビール

創業は1932年。

オランダのハイネケン社とシンガポールのF&N社が合併したことがはじまりよ。

ミズキ

合併してマラヤン・ブリュワーズ社が誕生したの。

ミズキ

シュン

なぜその2社は合併したのでしょうか?

シュン

しかもオランダといえばシンガポールとは離れた国ですよね?

F&Nはシンガポールでも最大手の1つ。

ミズキ

ハイネケンがビール醸造の技術を提供しながら

F&Nは東南アジアを中心に工場や販売ルートを確立していったのよ。

ミズキ

ハイネケン

シュン

戦略的な合併だったわけですね。

1990年にはアジア・パシフィック・ブリュワーズ社へ名前を変更し、アジア全域に醸造所を構えたのよ。

ミズキ

タイガービールの実績・特徴は?

世界的ビールアワードで2度の金賞受賞

シュン

どんな特徴のあるビールなのでしょうか?

1939年の世界的ビールコンテストで金賞を獲ったことを皮切りに

ワールド・ビア・カップ含めて40を超える賞を受賞してきた圧倒的実績よ。

ミズキ

シュン

40を超える受賞歴ですか?数がスゴイ。。

直近だと2004年と2010年のワールド・ビア・カップで金賞。

ミズキ

シュン

世界的評価もしっかり押さえているわけですね。

そういうこと♪

2013年にはハイネケンの完全子会社となったわ。

ミズキ

今では60か国を超える国へ届けられていて

エールビールの国イギリスでも絶大な人気を獲得しているのは有名な話よ。

ミズキ

最高品質の素材を世界獲得から調達

メタリックブルーとオレンジのコントラストが目を惹くわよね。

ミズキ

シュン

今回は近くのスーパーで購入しましたが、見た目ですぐにわかりました!

キャッチーな見た目だけど、見かけ倒しではないの。

実はいずれも最高品質の素材を取り入れているのよ。

ミズキ

  • モルト→オーストラリア産
  • ホップ→ドイツ産
  • 酵母→オランダ産
  • 水→シンガポール産

シュン

世界各国から最高級の原料を仕入れているわけですね。

水に関しては、6回もフィルターするほどのこだわり。

ミズキ

シンガポールの水との相性がよいのでは?という理由で

ハイネケンがタイガービールに目を付けたという説もあるくらいなの。

ミズキ

タイガービールに欠かせない厳選された素材

グラスに注いで飲んでみる

シュン

それではグラスに注いでみます!

シュン

金と白のコントラストが美しいですね。

シュン

泡のキメが非常に繊細で細やかな印象です。

ふわっとパンを思わせるような甘味を感じることも特徴の1つよ。

ミズキ

シュン

それでは飲んでみます!(ゴクッ)

シュン

キレが抜群ですねー!ウマい!

余韻はほとんど残らずゴクゴクと喉を潤してくれるわよね。

ミズキ

Theライトボディと言えるわね。

ミズキ

MEMO
“ボディ”とは喉を通り越す抵抗感のこと。

ライト:さらりと飲み込める

フル:どっしりと重みを感じるもの

ミディアム:中間のもの

シュン

これほどまでに水が美味しいと感じるビールは初めてです。

シュン

ホップの苦みを特に感じることができるので満足感もしっかりありますよね。

ホップはさすがのドイツ産といったところかしらね。

ミズキ

シュン

キャラメルのような甘味を感じたところも特徴的でした!

エールビールではあるけどピルスナーでキャラメル感を感じるのは結構珍しいわね。

ミズキ

  • ビールの4大原料(モルト、ホップ、酵母、水)に対する徹底的なこだわりのあるビール。

オススメの食べ合わせ

シュン

オススメの食べ合わせを教えてください!

スパイシー料理との相性がGoodよ。

ミズキ

ガパオライスやグリーンカレーはオススメするわ。

ミズキ

シュン

ハンバーガーやタコスなどともマッチしそうな印象を持ちました!

 

暑い国では辛い料理がメインだから、ビールは喉を潤す役割となっていることが多いのよ。

ミズキ

シュン

なるほど~。

それでコクは抑えてキレやスッキリさを重視しているわけですね。

氷をいれて飲むような文化もあるくらいよ。

ミズキ

シュン

そういえば、タイのシンハービールもそうでしたね!

タイで最古&最も有名な【シンハービール】。気になる味は?

一方で、東南アジアのビールは薄いという評価を受けることが多いのも事実なの。

ミズキ

シュン

タイガービールはフルーティさも感じますし、薄いという印象は持ちませんでした!

まとめ

シュン

ミズキさん、タイガービールについてとっても勉強になりました!

最後に、今日の内容をまとめておくわね。

ミズキ

まとめ
  1. シンガポールを代表するラガービール
  2. ワールド・ビア・カップでの受賞歴多数
  3. スパイシー料理との相性抜群
今日のポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です